このページでは、Epilogueにインストールされているカスタムプラグインについて記載されています。一部のプラグインは、独自開発しているのでWeb素材/PukiWikiも参照してください。

areaedit

ページ内の指定領域のみを編集対象とするプラグイン 引数の仕様

#areaedit([start|end|btn:<ボタンの名前>|nofreeze|noauth|collect[:<page>]])
&areaedit([nofreeze|noauth|preview[:<num>]]){<編集文字列>};引数の意味
<編集文字列>
編集対象。
start:
範囲の開始。省略できる。
end:
範囲の終了。これを引数とする記述ごと省略すると、子要素のみが対象に。
btn:<name>:
<name>をボタン名に変更。
nofreeze:
ページが凍結されていても、その範囲は凍結されてないようにできる。
noauth:
ページに編集権限がなくても、その範囲は権限があるようにできる。
collect:
同じページ内のインライン型の編集対象を収集する。
collect:<page>:
<page>で指定したページ内で編集対象を収集する。
preview:
インライン型に限り、編集時に編集対象の直前の空行や見出しから編集対象までを表示(99行分探索)。
preview:<num>:
previewに続けて「:」と数字を書くと、空行や見出しを探す最大行数を指定できる。つまり、ページが凍結されてなくて、かつ編集権限がなければ編集できないが、noauth, nofreezeを指定すると、その範囲において、それぞれの制限を受けなくすることが出来る。

designer

使い方

  • ブロック型
    • 複数行

      PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #designer() is not implemented.

    • 1行

      PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #designer() is not implemented.

      このとき , は改行の意味になります。
  • インライン型

    PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #designer() is not implemented.

CSSで指定したスタイルでwiki書式を出力します。
ただしdesigner.inc.phpファイルで許可されているスタイルだけしか使えません。
デフォルトでは

  • float
  • (|min-|max-)(width|height)
  • text-align
  • color
  • (margin|padding)(|-top|-right|-bottom|-left)
  • border(|-top|-right|-bottom|-left)(|-width|-style|-color)
  • background(|-color)
  • overflow
  • clear

が使用許可されています。