前回のFF11ベンチでFF11をやりたくなった。

そーなると、2年前作った「ヴァナ・ディール旅先案内所」の更新を再開したい ↓

  • どーせやるなら、↑のサイトを立ち上げた当時の予定の2カ国語語対応でやりたい
  • Pukiwikiで楽チン更新

なにはともあれ、執筆者の脳内でしかわからないような理由でサイトのUTF-8化工事をやることにした。UTF-8化にするさいのメリットは、複数の言語を同一ページ上でできるということだ。わかりやすくいうと、日本語のページに英語や韓国語などを同時に公開することができる。デメリットは、2バイトコードが3バイトになってしまうことだ。

さっそくPukiwikiの公式サイトのUTF-8変換について読んでみる。すると、専用のプラグインを使って更新するらしいのだが、サーバーに過負荷がかかる模様。とりあえずバックアップを取ることにした。

・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・。

回線速いけど、量多!500ページほどもある。いったいいつの間に・・・。まぁ、なんといいましょうか、『塵も積もれば山となる』ということわざにもあるように、やってるうちは気がつかなくても、後になってみればびっくりするというわけだ。ましてや、いつでもどこでもだれでもページが作れるWikiではその傾向が増す。

というわけで、片っ端からUTF-8に変換してアップロード。しかし、実際問題なく表示できたのは、夏休みのお勉強というわけで他の日本語サイトからコピペし、本家サイトとの差分を翻訳して作った<a href="http://logue.xrea.jp/planetwiki/">PlanetWiki</a>だけだった。よくよく見てみるとページ名を全部英語にしていた。そう。つまり日本語のページ名が更新されてなかったのだ。

でも、なかなかうまくいかない。次の日、もう一度公式サイトを確認してみるとどうも、オフラインではできないらしい。仕方がないので、バックアップに取ってあったデーターを戻す羽目になった。

結局1日まるまる使ってしまった。ついでに、検索ロボットからのアクセスもアドレスが変わってしまってるため、当分望めない。いいのかなぁ。これで。