もう嫌だこんなパーティー

レベル50になると、なかなか誘われない。だからといって、メンバーが全然いないわけでもない。実際参加希望を出しているプレイヤーはたくさんいる。また、限界クエによる制限もあることから他のレベル帯よりもメンバーが集まりやすいハズである。しかし、現実には長時間にわたって、同じプレイヤーが検索結果に出る以上、自分から動き出そうとしてないのだろう。また、少なくとも日本人は自分から行動に移さないという傾向があるようだ。つまり、自分から動き出さなきゃだめである。・・・と、これまで考えていた。で、50になってからは、なるべく自分でパーティーメンバーを集めるようにしていたわけだが、毎回毎回神経がすり切れる思いをしているような気がする。しかし、今回のはとくに酷かった。

事の始まりは23時のちょっと前。白AF2を手に入れてデジョンでジュノに帰った自分は、参加希望を出してオークションに出すアイテムを整理していた。それから30分間ずっと希望を出したままだったんだが、一行に誘われる様子はない。しかし、検索結果を見てみても希望を出している人はたくさんいる。そこで、前述したとおりメンバーを集めることにした。この時間になると日本人プレイヤーの比率より外国人1のプレイヤーの比率が多くなる時間帯である。自分は英語が好きなので、コミュニケーションには若干の自信があった。そして、メンバーを10分間で集めた。構成は、白黒召ナシ忍。で、いつものようにクフタルに行くことにしたんだが、はっきり言ってつらい!しかも、昨日のドラゴンがまだいるみたいで奥に行けない。それでも、MPの消耗が激しすぎるのだ。何度もピンチになる。

30分ほど戦った後、急用でシーフさんが抜けることになった。そんななか、ボヤーダ行かない?というような話になった。そこで、そのままボヤーダに直行し、向かってる時間を利用して補充をすることにした。しかし、全員チョコボに乗った直後、忍者さんが、リタイア。さすがに今の時間になると、日本人プレイヤーの希望は少なくなる。まぁ、仮にも自分は英会話でもそれなりの自信があったので、いつものように、need a partyというような感じで集めることにした。現地に着く。すると黒さんがテルでデジョンIIしてくれと召に言われたとか。自分にも似たようなテルが来た。なんでも、フェンリルのクエをやるとか。しかしさすがに、現地についていきなり解散というわけにはいかない。他のメンバーをさらに待たせることになりかねないからだ。まぁ、今となっては自分のエゴであるような気もするが・・・。とりあえず、補充要員2名がOKサインをだしたので、そのことを伝えると、とりあえず黙ってくれた。

28分後。2名が到着。木の中に入る。えーと、たしか前来たときは・・・。蜘蛛とキノコを狩るとウマイってメンバー言ってたなぁ。すると黒さんが、「キノコはやばい」と言ってきた。なんでもリンクが激しいとのこと。そして、カニのいる場所がいいとLSの人から聞かれたらしい。そういうわけで、蜘蛛のみとなった。10分後。いいかんじだ。カニと比べて魔法の入りがいい。で、経験値はさっきと同じくらい入ってる。2匹か3匹連続で戦った後、ヒーリング状態に入る。しばらくして全快したが、まだリポップしない。うーむ。また召が自分にAFクエの約束があるとテルを入れてくる。『自分としてはかまわないけど、一応他のメンバーにもそれを伝えてね』と、英語で言うとようやく言ってくれた。さすがに、自分だけに話されても困る。リーダー以外がいきなりいなくなると、さすがに他のメンバーに説明するとき大変である。ましてや、2カ国語でなんて・・・。本当に神経がすり切れそうになった。次ぎラストと言ってヒーリング状態に入る。

しばらくして、蜘蛛がリポップした。張り切って行ったがなんか様子がおかしい。もうHPは1/7削ったのにそれから全然ダメージが行かないのだ。MPが底をつく。座っていると、さっき来たナイトさんにWS。一気に赤くなる。あわててケアルIIIをかける。だんだん間に合わなくなる。あ、やられた。もうそれからは、総崩れ状態だった。「逃げて」と言われたので逃げる。なんとかエリアチェンジで生還。しかし、さすがに切れたのだろう、数名そのまま抜けて3人になってしまった。レイズで2人生き返らせる。とりあえず謝る。謝る。謝る。謝る。さすがに、ぬけても無理ない状態だったと思う。引き際を間違えたとも言うべきだろうか?全員の気持ちが悪化して当然だ。理由はどうあれ、長い時間待たされたあげくに、殺されたからだ。

さすがに、自己嫌悪に陥る。自分がやれることは、残る2名を届けて、謝罪することだけだった。とりあえず、ログを確認しながらテルでI'm sorry.と入れた。そうしないと、自分のプライドが許さないからなのか、単に悪く思われたくないという気持ちからなのかはよくわからないが。すると、「Np」、「いえいえ、こちらこそ勝手に抜けちゃってごめんね。」「dont mind」と返事が返ってきた。それだけでも、よかったかもしれない。自分は、白だからメンバー集めるときに困らないみたいな、白様的発想をしていたのだろう。

それから、遅れて「今のレベル帯は、新しい狩り場になるから、色々大変でしょ?」と来た。確かにそうである。毎回みんな「どこでも」と言う。行き先の話で10数分いいアイデアが出てこない。でもって、ちょっとでもやばいと抜けてしまう。毎回そんな感じだ。本当にストレスがたまるが、今はとにかく、頭を冷やそう。