闇の王

さて、FF11を再開してからほぼ半年になる。一気にウィンダスミッションをこなし、あっというまにランク5。ちょうど、ミッション5を一気にやってしまおうというシャウトがあったので参加することにした。とりあえず、必要なものは、ヤグドリ2本とサイレントオイル1瓶。まぁ、足りなくなるだろうから念のためジュースも2本買っておこう。

ちょっとさかのぼること数日前、冗談のつもりでジュノの競売所でテレポヴァズに入札するとなんと落札できてしまった。そういうわけで、今回はすぐに出発することができた。

ff_050408_01.jpg

ザルカバードを越えて、あっというまにフェ・イン。

ff_050408_02.jpg

ボスと戦うが、タイミングがずれて自分がタゲを取ってしまった。これで、全員ピンチ。やっちまった。意外と苦労した。まぁ、自衛のためにアイススパイクを使っていたので、ある程度なんとかなった。必死で逃げ回ってる内に、どうにか戦闘終了。サンドミッションの時は、さほどでもなかったのに。

ここで休憩時間。帰りがけに宝を探してくる。みつからない。やや遅れてウィンダスに帰り、報告とミッション5-2を受けてくる。その間にリーダーが追加のメンバーを募集していた。

ズヴァール城突撃1! 外郭編

ff_050408_03.jpg

かくして、ズヴァール城へ向かう。まぁ、だいたい想像できると思うが、メンバーのレベルは51~60である。余裕でデーモンに絡まれる。とりあえず、インスニを唱えるが、そうすると自動的に最後尾を歩くことになる。行ったことがある人はだいたい予想がついていると思うが、ズヴァール城外郭の構造は、低い場所が囲むように高い場所がある。

したがって、いくら構造を把握しているとはいえ、マップなしの状態でマップを見ても仲間が高い場所にいるのか、反対側にいるのかわからない。で、城内に入ったとたん、マップが切り替わりお互いの居る位置がわからなって大混乱。しかし、自分と同じ場所にいたのは全員後衛。で、先行している前衛がからまれたとか言ってる。そうこうしているうちにこちらも、デーモンに絡まれた。うは、ものすごい勢いで他のデーモンがリンクしてくる。お互いインスニしているのでどこにいるのかわからなかったが、どうやら3人いたようだ。なんとか撃退。

そしたら、こんどは先行している前衛が絡まれたようだ。なすすべもなく死亡。しかも、自分のスニークが切れてクゥダフのトレイン。『ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい!』内郭に入れたのは、突撃を開始した1時間後の事であった。

ズヴァール城突撃! 内郭編

さて、ズヴァール城内郭は、ほとんど一本道である。もちろんルートは北側を回るゴブリン→クゥダフだ。弱体が取れてから移動を開始する。ゴブリンは見つけ次第即戦闘で。1階をクリア。2階は、スニークだけで行けるから楽だなんて考えていたら、もう片方の前衛が片っ端からクゥダフを血祭りに上げている。なんだかなぁ。まぁ、自分が知っているのはレベル上限が55解除直後の時代だしなぁ。そんなこんなで、エリアの真ん中あたりのワープ部屋にあっというまに到着。いったん休憩。あまりにも早く行くのでMPを回復している暇が無い。

数分後進軍開始。途中でデーモンが絡んでくるが無視無視。それを繰り返してだいたい2個目に乗ってワープした直後。いきなりデーモン数体が部屋の中にものすごい勢いで入ってきた。あわてて戦闘。どうにか撃退。しかし、休んでいるといきなり大ダメージを食らった。ひぃ。HPmaxだったのに2桁しか残ってない。とりあえず、2人を生き返らせるて、対闇の王用のヤグドリのスペアのジュースを飲んでMPをリフレッシュ。

ff_050408_04.jpg

よくみると別の召還師の2人のパーティーがNMと戦ってる。どうやらこれの煽りを食らったらしい。これで数名死亡。しばらくして、その2人の召還師が「ごめ~ん」「だいじょうぶ」。リーダーが一部始終を話す。すると、「手伝いますよ~」とのこと。らっきー。かくして、5+6の構成となった。

ff_050408_05.jpg

王の間にて最後の調整を行う。

闇の王との戦い