ウルガラン山死の彷徨

ことのはじまり

日曜日18時ごろヴァナ・インすると、ウルガランのECNMのメンバー募集をやっていた。最初は、PMに誘われないかな~と思ってスルーしていたが、声をかけられる様子はない。で、30分後まだ募集しているみたいなので参加してみることにした。未だにレベル65。例によって一番低いレベルで参加である。しかもイレース買った影響でお金もない。まいっか。(オイ

1周目

かくして、テレポヴァズを唱えてザルカバードを抜け、ウルガランに向かう。バルドニア地方にありながら、時折晴れ間が見えたりと他のエリアよりも陰鬱な雰囲気では無い。まずやることは、入口のガルカに話しかけて袋をもらい、反時計回りに山を登山し、北崖の一番左にある洞窟にはいり、氷石を入手し、さきほどのNPCに話しかけることだ。、1度これはRedLanternでもやったが、そのときは失敗してしまった。

だいたい中央の山を中心に14時の位置についたころ、インスニ切れてその人に数匹のモンスターが大トレイン。「死にます」『(汗』見殺しだ。

ff_050807_01.jpg

1周目からこんな感じで大丈夫だろうか?

で、それから数分後、詩人さんが遭難コネロスしたきり戻ってこない。仕方がないので5人での強行登山となった。吹雪は増すばかり。これじゃ、八甲田山登山隊だ。ただでさえ暑い真夏だってのに。

千人落としの崖

ff_050807_02.jpg

こうして、30分ぐらいかけて、ようやく山頂に着く。で、最後の打ち合わせ。で、ルートの構想を練っている内に、経験者がどんどん先に進んでしまう。一応、打ち合わせでは、落とし穴を回避するため斜めに進んで一番左に着地するようにするだったな。

が、しかし

ff_050807_03.jpg

予想以上に急だ。止まってもどんどん滑ってしまう。しかも、目的地はいっこうに見えない。ずずずずっと滑り落ちていく。あっと、軌道修正するが、時すでに遅し。そのまま自由落下し・・・

ff_050807_04.jpg

結局アレをやる羽目になった。このアレとは、自殺してトラクタで運んでもらうというアレである。さっきから近くにいる他のパーティーがそれをやっていた。で、自分もやろうとするが・・・

ff_050807_05.jpg

十分HPが減っていたので倒してしまった。『ってたおしてどーする』気を取り直して、近くにいた氷エレに喧嘩を売ってヌッコロされる。

まぁ、こういう光景は、珍しいことでもない。

ff_050807_06.jpg

10分後運が良く他のPTの白にレイズIIIで助けてもらった。こうして、氷石をゲット。

2周目

テレポヴァズでザルカバードに行き、ウルガラン入口にショートカット。NPCに先ほどの氷石の入った袋を渡し、ECNMのトリガーアイテムをもらう。

ff_050807_07.jpg

ここからが本番である。まぁ、順風満帆にいけるかなとおもっていたら、斜面のど真ん中で魔法が切れて、戦闘状態に入る。

ff_050807_08.jpg

なんか、2匹リンクしてるし・・・。やばいな。『テ・レ・ポ!テ・レ・ポ!』とっさの機転でテレポヴァズを唱える。その間にアーリマン、スノールがリンク。我ながら見事なタイミングで転送。

今度は、もうパーティー単位というより個人単位での行動になった。MPを回復している間にどんどん他のメンバーは進んでしまう。追いついたのは、本当に熊爪獄手前で、天気が変わって入れるのを待ってるところだった。なんだかなぁ。

しばらく、近くにいるキングバッファローを倒して時間つぶし。それから、数分だろうか、雪が晴れて入れるようになった。

熊爪獄氷雪牛

いよいよECNM戦だ。作戦は、2匹いるタウルスのうち、最初に赤さんがサポの空蝉使いながら大きい方をマラソンし、その間に小さい方を叩くという戦法だ。

ff_050807_09.jpg

自分はヘイストとリジェネIIを前衛にかけながら、回復魔法を使っていた。そうこうしているうちに、小さい方の1体を倒す。

ff_050807_10.jpg

時折ケアルVを使ってくる事以外は問題なくやっていけるかに見えたが、前衛が特種攻撃により死の宣告うける。すぐにカーズナで解呪・・・しかし何もおきなかった。「ローグさん、それここでは解呪できない・・・」『え”』とか行っている間に死亡。あわててレイズかけようとするが、MPが切れてた。「とりあえず、座って」『うい』。

ff_050807_11.jpg

衰弱状態でやっていけるかなぁと思ったが、衰弱解除をまつまえに殴りにかかるではないか。しかし、冷静に考えてみると空蝉でダメージ食らわないから大丈夫じゃん。しかし、タウルスのケアルVウザイ・・・。

結局死の宣告食う→レイズで生き返らせる→空蝉→殴るの繰り返し。空蝉でタゲがぶれるため、途中で黒の方にタゲが行き気がつくと黒さんがマラソン。その間に自分は衰弱が解けた前衛にケアルIV。あれ?うわあああああ。今度は僕の方にきたーっ。こ・これはもしかして、マメット戦の悪夢再び・・・!?とそのとき、本来忍者さんがマラソンするのに、自分がマラソンしてしまった悪夢がよみがえる。

しかし、その不安は杞憂(きゆう)に終わった。すぐさま忍者さんの挑発でタゲが外れるあと少しだ。もうすでにMPは無かったしメンドイので女神の祝福。もう少し早くてもよかったかな?

ff_050807_12.jpg

風流せい

今回出たアイテムは、そこそこあたりだったらしい。5M前後で取引されているとのこと。すると、5分割すれば自然と1Mになる。

ff_050807_13.jpg

つまり、イレース買って財政はレッドゾーンすれすれだったのが、今回の成功報酬でイレース買う前よりもお金が貯まった。『バブルだバブル』『銭まくど』『風流せい』こうして、自分は、ストライクシールドをホーリーシールドに、リリスロッドをダークモールに変更。

うははははは。