斜陽

2週間ぶりにFF11につないでみた。すると、唖然。検索結果に出てくる人数が、たったの2000人だけになっていた!まぁ、前回つないだときも、ゴールデンタイムにもかかわらず3000人切っていて驚いていたが、そもそも、ザルクヘイムがウィンダス支配になっていた時点でおかしいと感じていた。これは、何を意味するのか?新参プレイヤーは、普通パーティーを組む時にたいてい10ぐらいまで上げた時点で、パーティーを組むためにセルビナに向かう。これは、どの国所属でも同じだ。そうなると、コンクエスト的にウィンダスが一番不利なはずである。にもかかわらず、ウィンダスが落としたとなると、新参プレイヤーそのものが減っていることを意味している事に間違いないだろう。

聞くところによると、もうパワーレベリングは当たり前になっているらしい。こんな状況では、ミッションのメンバーを集めることすら危うい。オープンの時に3200ほどいたHadesサーバーが1年しかしないうちに、もう2000人強しかいない・・・。こんな状態が続く様じゃ続けるにしてもモチベーションを保てそうにないなぁ・・・。まさか、こういう形で終わるとは・・・。

夜7時30分頃つないでも、これじゃあねぇ・・・。

ff_051026.jpg

・・・FF11は、無期限休止確定だ。