自転車を懲りずに購入

結局、新しい自転車を購入することにした。どうせ買うなら高い奴に。というわけで、松下製のブランド品のマウンテンバイク「ギャロウェイ」をちかくのホームセンターで奮発して購入。2万2千円でした。これまでに買った自転車の中では一番高い。エレクトロニクス以外にこれだけお金をかけるのははじめてである。1

これにした理由は、もちろん有名国内メーカー2だったのと、サドルのサスペンションがアーチ状にハンドルから固定されているという構造からである。がっちりしているが、その分重い。こういう構造からか、ハンドルに重量がかかるようになっているようだ。おかげで、ハンドルが安定している。

で、さっそく運転。ハンドルの重さに驚くものの、ペダルは軽く思いの外加速が速い。前輪1速なら後輪のギアを6にしてもすいすいこげる。購入した日に、4時を過ぎていたのに川越の端から端まで運転してしまった。あれ、ふじみの市だって?

いきなり片道10キロ走る。

で、ちょっと入間に用があったので、自転車で川越から向かう。あとでGoogle Earthで調べてみると14キロ!しかし、1時間ほどでついてしまった。早い・・・。そういえば、市民プール(6キロ)行くのに今までの自転車で40分近くかかってたなぁ。交差点待ちが多いとは言え、こうまであっさり目的地に着くとは思わなかった。ま、タイクツしないしね。