最近Flashが熱い

最近のajax関連の情報を調べていると、Flashの仕様をJavaScriptから呼び出して使用するというスタイルが多くなってきた。たとえば、Web素材/PukiWiki/mabimml.inc.php?では、クリップボードにテキストをコピーするのに、setClipboard.swfをプラグイン内に内蔵している。

このほかにも、YouTubeをはじめとする動画配信、Flashでアナログシンセサイザの音を合成して再生しているFLMML/JSMMLや、flashによるクロスドメイン通信を行うdojoのxip、ファイルアップロードにSWFUploadなどと、新しい技術を列挙するときりがない。

しかも、一番のメリットは、ActionScriptというEMCAScriptという言語が使われており、これはJavaScriptの親戚に当たる言語であるという点である。HyperCard使ってた頃に、Micromedia Directorで使われていた言語スタイルがHyperTalkに近かったと言うような既視感を覚える。

また、JavaScriptの使えない携帯電話の端末ではAjaxに近いことをするためにFlashを使うという話を聞いたことがある。つまり、必然的にFlexという言語が役立つと言うことになる。

極めつけがIntelのCore i7のキャンペーンサイトである。もはや並みの3DゲームをFlashで行っている。こりゃ、UO並みのMMO-RPGがFlashのインストールされたブラウザで機種を問わずできる時代が来そうである。

まぁ、とにかく時代はFlexだろう。