恐怖の睡眠

睡眠障害の気があるので、先日一泊入院して睡眠障害の診断を受けてきた。さて、睡眠障害ではどのようなことをやるのか?要は、病院で体中に電極を貼り付けて、ただ寝るだけだ。測るのは、心電図、脳波、呼吸、血中酸素濃度で、これを一晩測る。というわけで、病院に19時についたらすぐに病院内のシャワーを浴びて、電極をつける。ずり落ちるのを防止するために、よく包帯をまいたあとに付けるあのあみを頭からかぶる。旗からみると顔がサボテンである。まぁ、電極をつけるのはいいが、血中濃度を測るのに指にセンサーをかませなければならない。これが、かなりの違和感である。蒸れるし。で、23時に眠くなったのでそのまま就寝。ものすごく寝苦しい。全然眠れん。結果2回ぐらい起きてトイレに行ったりしていた。

で、先週の金曜日に結果が出たわけだが・・・。

「睡眠時無呼吸症候群ですね」
(゚Д゚ )
「しかも、値が30超えているので重症ですよ」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
「ただ、深い眠りにもなっているので、閉塞型と出ているけど中枢型かもしれません」
エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?~
「あと、酸素濃度がこの状態だと、一般的に言う呼吸困難ですね」
( ( ( ( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

なんてこった。つまり、毎晩、死の淵さまよっているってことですね。どうりで、規則正しい生活している割に昼間眠いわけだ・・・。いくら、規則正しい生活していても、夜眠れてないんじゃ、昼間眠くなるのは当然のことで。