#navi(../)
 *8月17日 [#s66c5aad]
 今日は、[[鬼押出し>http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/]]へ行ってきた。本当は[[西武高原バス>http://www.seibu-group.co.jp/bus/kogen/]]の「奥軽井沢ハイライトコース」というツアーで行く予定だったが、先週それに申し込もうと電話をかけたところ、予約者が集まらず中止になってしまっていた。そこで、今回は、直接バスで行くことにした。しかし、バスの運賃表を確認すると、軽井沢駅からなんと1,180円!高い!まぁ、30kmあるから当然といえば当然かもしれないが・・・。
 
 #ref(070817_01.jpg,around,right,50%)
 その途中でダイナミックに風景が変化する。中軽井沢駅付近は、軽井沢駅のように整備されているわけでもなく、昔ながらの古い感じのする田舎の駅だった。で、そこから国道146号を北上し登山する。左側から浅間山が見える。峰の茶屋バス停までは、森の中を進んでいく感じだったのが、ここを過ぎて鬼押しハイウェイあたりに入ると風景は一変する。一気に開けて低い木々だらけになり、浅間山が一望できる。活火山で時折有害ガスがでるからだろうか、植物の生えている場所とそうでない場所の協会のようなものが見える。
 #floatclear
 #ref(070817_02.jpg,around,left,50%)
 で、バスに揺られること45分。ようやく現地に到着。この写真はバス停から入り口にいくための陸橋の上から浅間山方面をとったもの。
 #floatclear
 
 #ref(070817_03.jpg,around,right,nolink)
 園内に入るときに、[[公式サイトの割引券>http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/acsess.html]]の画像データーをPSPに入れて、受付で見せたらちゃんと100円引きになりました。
 #floatclear
 左の写真は、親子岩。
 #ref(070817_04.jpg,around,50%)
 #ref(070817_05.jpg,around,50%)
 #floatclear
 
 右の写真は、浅間山観音堂。
 #ref(070817_06.jpg,around,50%)
 #ref(070817_07.jpg,around,50%)
 #floatclear
 #ref(070817_08.jpg,around,nolink)
 ここで、ひとやすみ。ご当地牛乳を用いたソフトクリームを食べる。
 #floatclear
 
 今度は、奥の院参道を歩く。デジカメのメモリ容量と中の人の体力の都合上写真はほとんどなし。
 #ref(070817_09.jpg,around,50%)
 #ref(070817_10.jpg,around,50%)
 #floatclear
 植物類などの花が見られるらしいが、ほとんど6月から7月下旬がピークらしく、ほとんどみかけなかった。
 
 #ref(070817_11.jpg,around,50%)
 ヒカリゴケ。蛍光色で光っているように見えるが、実際は自分から光っているのではなく、わずかな光をレンズ状の細胞によって集めて反射しているため、明るく見えるそうな。しかし、きらきらとしている。非常に幻想的だ。
 #floatclear
 
 この後、[[&ruby(かぼくえん){花木園};>http://www.princehotels.co.jp/amuse/onioshidashi/kabokuen.html]]も歩いてみたが、やはり今の時期は、あまり花は無かった。人も全然いなかったし。
 
 そうこうしているうちに12時。バスの時刻表を確認すると、33分にバスが来るらしい。そこで、今度は、[[浅間火山博物館>http://www.asamaen.tsumagoi.gunma.jp/]]に行ってみることにした。
 #ref(070817_12.jpg,around,50%)
 ついでなので食事もとる。やはり、僻地と言うこともあってかどれも高い。これは、ソースカツ重。
 #floatclear
 
 入場するとき愕然。こっちでも前日、割引券を確認しておけばよかった。しかも、鬼押出しセットで800円だし (T-T
 
-まぁ、気を取り直して中に入ろう。まずは、溶岩洞窟を模した長い廊下を下って行く。
 
+まぁ、気を取り直して中に入ろう。まずは、溶岩洞窟を模した長い廊下を下って行く。こういう、アトラクションはわざとらしくても大好きである。手をかざすと光が集まるオーブとかもあった。