#navi(../)
*MeGUI Modern Media Encorderでエンコード [#o3c4f775]
#ref(megui_conf.png,around,right,50%)

MeGUIとは、Gordian Knotに代わる汎用動画エンコーダーのGUIフロントエンドソフトである。以下のアドレスからダウンロードできる。
http://mewiki.project357.com/

単体だけではエンコード機能を持たないため、MeGUIを起動したらOptions>Updateから必要なファイルを自動的にダウンロード&インストールを行う。
#floatclear

#ref(megui_nero.png,around,left,50%)
ただし、ニコニコ動画やzoomeなどの再エンコードなしでアップするために必要な、音声コーデック(AAL-LC)をエンコードするのに必要なNero AAC Cordecだけは手動でダウンロードする必要がある。

http://www.nero.com/eng/downloads-nerodigital-nero-aac-codec.phpから、自分でダウンロードし、MeGUIのインストールディレクトリのtoolsフォルダに解凍し、Option>SettingsのProgram PathタブのAudioで、neroAacEncでそこのパスを手動で入力すること。

インストールが完了すると、File formatにMP4が追加される。これで下準備は完了。
#floatclear

*動画をエンコードする [#dc45a48c]
#ref(megui_main.png,around,right,50%)
動画ファイルは、AviSynthスクリプトファイル(avs)をサポートしているが、普通にaviファイルを開いても問題ない。

圧縮する前に、リサイズや縁取り、インターレス除去などのスクリプトをavsに自動的に出力してくれる。このAviSynthとはavi専門のスクリプティング言語で、AviSynthをインストールしている環境であれば、avsファイルを直接動画再生することができる。詳しくは、[[AviSynth Wiki>http://avisynth.info/]]を参考にしていただきたい。

初期設定が終わったら、動画のavsファイルを保存する。なお、解像度が動画投稿サイトにアップロードできるサイズと異なる場合は、[[自動リサイズAviSynthスクリプト(func.avs)>http://d.hatena.ne.jp/nao_19/20080927/reseize_avs]]を同一ディレクトリに設置し、
 AVISource("****.avi")
 Import("func.avs")
 DoResize(512,384)

というように行を追加する。なお、このスクリプトは、あくまでも、アスペクト比に応じて黒枠を追加したりリサイズなどを行い4:3にするスクリプトなので、正しいアスペクト比ならば
 AVISource("****.avi)
 LanczosResize(512,384)
でも、問題ない。

次に左図のように
|~Video encoding|Encorder settings|x264: Unrestricted 2pass Extra Quality|
|~|File Format|MP4|
|~Audio|Encorder settings|Nero AAC: *scatchpad*|
|~|File Format|M4A|
というように、ポップアップメニューから、プリセットのエンコード設定を選択する。ビデオのエンコード設定は、互換性を考慮するとQuickTime for Windowsが一番安定していると思われる。
#floatclear

***m2tsファイルを読み込む [#p4292576]
Sony製ビデオカメラなどから動画をパソコンに落とした場合、拡張子がm2tsになっていて、そのままでは開けないことがある。m2tsファイルは、ブルーレイに記録される動画形式である。専用のユーティリティーでmpeg2などに変換すると時間もかかる上に手間もがかかるので、[[K-Lite codec Mega Pack>http://www.codecguide.com/]]をインストールしよう。

このソフトを使うと直接m2tsファイルを読み込めるようになる。その場合、AVISourceでなく、DirectShowSourceになるので注意。

 DirectShowSource("****.m2ts",fps=30)

**x264の詳細設定 [#p1f339b0]
#ref(megui_x264.png,around,right,50%)
ここに表示されるビットレートは、平均値で、実際は変動する。

ニコニコ動画にアップする場合は、プレミアム会員で828、通常で656以下を指定すること。ただし、400bpsぐらいで十分な画質を確保できる。詳細はページをクリック。

#floatclear

**neroAACの詳細設定 [#icf3c919]
#ref(megui_nero_conf.png,around,right,50%)
Force Decoding via DirectShowをチェックし、Adaotive Bitrate(ABR)を128kbpsにする。また、AAC ProfileをAAC-LCかHE-AACにすること。

m2tsから直接エンコードする場合は、AAC-LCだとうまくいかないのでHE-AACにすること。
#floatclear

*エンコード [#w97e2e8c]
#ref(megui_autoenc.png,around,left,50%)
上記の設定が完了したらAuto Encodeをクリックする。ここで、File Sizeから下の表を参考に最大容量を入力する。また、このときにAvarage Bitrateがアップロード可能なビットレート値をオーバーしないように注意すること。
|~投稿サイト|~最大容量(MB)|~ビットレート(kbps)|~解像度~|~設定例と結果容量|
|ニコニコ動画|40|656(828)以下|最大512x368|4分の512x368動画400bps→11.9M|
|zoome|200|1500以下|最大800x600|1時間の800x600の動画400kbps→193M|
|YouTube(1270x720)|1000|1500''以上''|1280x720固定|7分の1270x720の動画1500kbps→93M|
|pandora.tv|無制限|2000|1280x720||
|dailymotion|無制限((MotionMaker使用時))|不明|1280x720||
なお、YouTubeの場合はビットレートを1500以下にすると逆に高画質でアップされないので注意。

QueueをクリックするとAdaptive Muxerという画面が開く。ここから、別途Subtitle(字幕)ファイルを追加することができる。そのままGoボタンを押す。

画面が閉じたら、MeGUIのコンソール画面からQueueタブを開く。ここから、Startボタンを押すとエンコードから合成まで自動的に行ってくれる。最終出力ファイルは、***-muxed.mp4という形になる。

**PSP用にエンコードする [#w289bffa]
[[自動リサイズAviSynthスクリプト(func.avs)>http://d.hatena.ne.jp/nao_19/20080927/reseize_avs]]を応用してPSP用にエンコードする場合:
 AVISource("****.avi")
 Import("func.avs")
 DoResize(480,272)
エンコード設定は
|~Video encoding|Encorder settings|x264: Unrestricted 2pass QuickTime for Windows|
|~|File Format|MP4|
|~Audio|Encorder settings|Nero AAC: *scatchpad*|
|~|File Format|M4A|

ビットレート設定は各自で。基本的に解像度さえ合っていてQuickTimeで再生できる動画ならば、PSPでも問題なく再生できます。

*参考 [#u800ab16]
#nicovideo(nm5330543)