ネットはつながったが

1ヶ月経ってやっとFFができるようになったが、つないでみると唖然。みんなLV30超えてる。参考までにβの時は、1ヶ月たってもせいぜい20台ばっかであった。本当に精神がおかしくなった。たまたま、前回ログインし、セーブしたところがセルビナだったので、もしかしたら、バストゥーク行けば、回復役が少なそうな場所なだけに引っ張りだこかもと、一人で気合いで行った。

予想通り回復役不足でひっぱりだこ。周りから「かわいい~」とみんなからチヤホヤされて、その日のうちにパルブロ鉱山に行った。全然うまくなかったが、今となっては良い思い出。とにかく、どこのギルドでもレベル最低だったのでかなり焦っていた。しかも、同じ時期に経験値の上限の制限(~200)というネトゲ史上類をみない改悪パッチが施行。よけいあせる。その結果、毎晩遅くまでパーティー戦。

また、サイトの方も、いくらβ当時からの情報量は多いとはいえ、1ヶ月もたてば、自然と後発サイトとの差が縮まってくる。このころから、初期の「攻略サイトをやらない」というスローガンも崩れてきてしまい、次第と殺伐としてきた。2日に1回ぐらいの割合で更新し、1週間に1マップ分の情報を追加という感じで経営していた。また、海外のプレイヤー向けに英文のページを作ることもはじめた。結局、翻訳したのは数ページにすぎなかったが。

蛇足ながら、FF11には、問題のある発言は伏せ字になるという機能がついていて、それに接触しないように卑猥な発言をすることが流行。中でも阿呆だったのは、「オーマン国マンセー」とshoutで叫びまくり、即監禁部屋へ。GMから警告を受けて「オーマンという国を応援してるのになにがいけないんだ」と逆上し、挙げ句の果てにアカウント停止。そのときの実況を2ちゃんねるに公開していて、言動の自由がなんたらかんたらと、変な祭りになっていた。今考えてみるとFF11のスタッフが厨に釣られていたと言うことになる。 その後、だれかが「ミスラとおまんこしたい」とか掲示板に書き、これが奇妙なブーム。もうどうでも良くなった人がやってるんだろうけど、ゲーム中でスパムしまくってアカウント停止&削除されては、スレを賑わしていた。

初の公式イベント

確か7月中旬に、初めての公式イベントが実行された。内容は、イベント中、任意のフィールド上にいる時間限定のNPCに話しかけ、ポイントをもらい、そのポイント数でアイテムと交換という、まぁありきたりの物だったが、正直かなり楽しみにしていた。このイベントの特徴は、レベルが低いほど、ポイントが貯まりやすいというものだった。この時点で、レベルは17・8ぐらいだったので、そのままでもいいかという感じで気軽にパーティーを募集した。

しかし、実際やってみると、とんでもないものであった。まず、移動手段がアクセス集中によりまともに機能しない、NPCのいるエリア全体が重くしょっちゅうコネロス。また、情報を集めようと、リンクシェルでのバックボーンを利用としたが、やたらと否定的な意見を言う人がいたせいで、険悪な雰囲気となっている。挙げ句の果てに、その人とのプレイスタイルの違いから口論となり、他の人が止めたのはいいが、居づらくなってしまった。それいぜんに、プレイした当時からつきあってる人のリンクシェルに移行しつつあったので、普通に疎遠になってきた。この口論については、後日、ギルド追放の部分にきっちりと書いておく。

イベント後

だんだん、ゲームとサイト更新を同時にやるようになってきた。まず、FF11が始まる前は「いっしょにTalk」系のサイトが一般的に情報量、更新度が速かったが、このころから、情報の中心が2ちゃんねるに移動し、スレ派生サイトのほうが、豊富な情報を持っつようになってきた。FF11に限らず、これにより、かなりの数の老舗ゲーム攻略サイトが更新が止まったままになるか、閉鎖に追い込まれていくか、内輪向けサイトと化したであろう。

ゲーム内ではMPを回復している時、話があればいいのだが、さすがに数時間似たようなことをしていれば、さすがにダレてくる。また、狩り場で獲物の奪い合い(とはいってもちゃんと「おじゃまします」というような断りを言ったが)が多くなったのもちょうどこのころだ。ついでに、パーティー内でも、リンクシェル内での会話でもなんだか、だんだんちゃねらー的になり、アスキーアートを作りあっては楽しんでいた。プレイオンラインの日本語入力で「顔文字」と打ち込むと、平気で(・∀・)や、(´_ゝ`)のような、いわゆる2ちゃん系の顔文字が普通に出てくるのが、このような珍現象を加速化させてたと思う。この当時になって、割とちゃねらーであることを隠すべきだという人と、別に気にしないという人の比率があっ ??¨いうまに、後者に移ってきたころだと思う。

厨と化す

その結果、「なんだ、隠さなくても良いのか」と思いこみ、変なマクロ(トレイン発生に、モウコネエヨのアスキーアートを入れる)を作っては、白い目で見られてたに違いない。そういえば、サーバーのスレ晒されたのもこのころだっけ。ただし、Logue=◆grDYeooZwgということに気がついていた人は、当時のサイトのプロフィールに書いてあるにもかかわらず、一部を除いてほとんど気づいていなかったようだ。(晒された後も平気で、このトリップで書き込んでた)

で、本当にやりたい放題やってたので、ついに晒しサイト(http://members.tripod.co.jp/hathisaba1/だったっけ?とっくに閉鎖)に乗せられる羽目になった上、危険人物として、晒しスレのテンプレに乗るような状態になった。また、自分が普段いたギルドのマスターがなんらかの理由で情報操作に失敗し鬱状態。数週間後、2ちゃんに晒されたのが原因かどうかよくわからないが、辞めてしまった。今考えてみると、自分もかなり躁鬱だったので、結構傷を付けるようなことをしたかもしれない。まさか、2003年になって、自分も似たような状態になり、辞める事になるとは思わなかった。

ちなみに知人には「大手サイトをやってるから晒されて当然」みたいに言ってたし、事実、他にも攻略系サイト持ちの人が結構リストに載ってたので、かなり鷹をくくってたが、これによりどうも、自分の躁鬱が悪化したようだ。

だからといって、その後ゲームを辞めるまで何か変わったことはあったか?というと何一つ無かった。今考えてみると、自意識過剰も甚だしい。