tb.inc.php

まず、tb-standalone - Standalone TrackBackからtb-standalone.tar.gzをダウンロードし設置する。

次に、206行目$msg <<EODの手前にページ内容を取得するための関数を入れる。(1行に)

$expt = mb_convert_encoding(mb_strimwidth(
preg_replace("/[\r\n]/", ' ', strip_htmltag(convert_html(get_source($page)))
), 0, 255, "..."), 'UTF-8', SOURCE_ENCODING);

次に230行目付近の$tb_bodyの下に

<form action="(tb.cgiの設置場所)"  method="POST">
<input type="hidden" name="__mode" value="send_ping" />
Send TrackBack Ping URL:<input name="ping_url" type="text" value="" size="50" class="trackback-url"/>
<input type="hidden" name="title" value="$page - $page_title" />
<input type="hidden" name="excerpt" value="$excerpt" />
<input type="hidden" name="blog_name" value="PukiWiki/TrackBack 0.1" />
<input type="hidden" name="charset" value="utf-8" />
<input type="hidden" name="url" value="$script?$r_page" />
<input type="submit" value="送信" />
</form>

を追加し、TrackBack Pingを手動で送られるようにした。1

注意

安全のため、tb.cgiのフォームは全て無効化させて、外部からの直リンクをできないようにすることを推奨します。

navi.inc.php

<link>タグを出力する

define('NAVI_LINK_TAGS',TRUE);

rss.inc.php

description出力対応。