進路相談で、大学に行く。とりあえず、作成した自己PR書を見てもらうためだ。結果、もうすこし書き始めをとかを書くべきと言われた。やっぱりなぁ。

来たついでなので、研究室にも行く。当然だが、卒論出してから人が来た様子が無い。まるでそのままだ。適当にパソコンや実験機材いじくり回していたら、唐突に教授が来てびっくり。あれ、学会への発表のために、夏休みいっぱい渡米してたのでは!?研究室のパソコンで提出する自己PR書の書き足しをしていたが、やばい。バックグラウンドでXPマシン片っ端からクラックしてこっそりSP2を当てていた。あわてて、電源を切って、いる理由などを話した。

で、その書類を見せると、教授は「これじゃレポートだ」。ええ。そうです。とりあえず、サイトを作る上で考えてること、なぜそうなのか?技術の解説、実績を頭に浮かんだ順に、まるでYoutubeの動画のストリーム配信番組をただ眺めるがごとく書き続けただけだし。要はノリで書いた。最初の時点で、全部で9つもある現サイトを片っ端から解説していたら破綻するだろうから、中心のこのサイトと、メインとなる3つのサイトだけに絞った。しかし、何も考えずに書いている割に、気がついたら原稿が4枚に。しかも、図無し。

・・・。ダメじゃん。そういえば実験のレポート提出するときに平気で枚数オーバーしまくってたな・・・。3枚にするつもりが5枚になったり。苦肉の策として、自のサイズをデフォルトの12ptから9ptにして無理矢理枚数を3枚にしていた。