海外からのアクセスをブロックした

やたらと、英文のアドレスを貼り付ける。それがコンテンツと何ら関わりのあるものならまだいいが、大半が無関係(RMTやExplositあたりのスパムとかありそうだが、現在までに確認しているものはEventWikiで4件被害があった程度)で、特にアダルト系だった日には殺意すら沸く。

一般的には、中国、韓国、インドからのスパム報告が多いらしいが、このサイトで滅多に見かけることはなく、大半がRIPE(ヨーロッパ)およびアメリカ発である。

まず、国内のホストを許可。ちなみに、133で始まるのは教育機関ね。

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #code() is not implemented.

それでも英文スパムは収まらない。で、とりあえず現在までの国賊スパムホスト。

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #code() is not implemented.

とくに、プロクシらしい環境変数を出してないこととなると、これらのアドレスのパソコンは、相当セキュリティ意識の甘い連中のようである。おそらく、ゾンビPCになっているのだろう。2ちゃんねるなどのBDSLのフィルタをかわしている事を考えると、実際はこれの3倍程度はゾンビPCが存在している事になるだろう。これじゃあ、Winnyでなくとも情報流失しておかしくない。

で、割とスパム報告の多いホスト(参考:Banned IP AddressCyberSyndrome

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #code() is not implemented.

その中でもとくに、悪質なホストは以下の通り。

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #code() is not implemented.

個人的にはLayerdtechが鬱陶しい。

ついでだったから、メール収集Botも排除しておこう。

PluginRenderer::executePluginBlock(): Plugin #code() is not implemented.